<% content.title %>

Loading...

2009年07月30日

蝉 semi ヒントはSAMURAI

ついに発売になった蝉 semi。何故か久しぶりの爽快感。とんぼ、でんでん虫、コオロギに次ぐ蝉の登場!桜島ライブ前に【しあわせになろうよ】が来たんだけど、蝉はまた来た!

久しぶりに剛らしいという表現はどうだろうか?

・・・らしいという言葉ほどミュージシャンにとって重い言葉はないのかな。そして抽象的だ。男らしい・女らしい・人間らしい。男らしくなりたい!って漠然としすぎていて、結果としてそう表現されるならまだしも、そうなりたいと願うことはそれほど重要ではない。何故なら大抵既にそうだからだ。

男は男であり、女は女。

男らしいとは?女らしいとは?

これほど困る質問もない。それぞれの価値観があり嗜好の世界。らしいとは既に確立された何か!?があるはずなのだ。

それでも剛らしいと感じるのは、やっと自由な表現を取り戻しつつあるのではないだろうか?正直ここ数年、長渕剛さんに心を鷲掴みされることがなかった・・・。ブログの更新が激減したのも、多忙という事はあったもののそれもある。サボり癖がついたこともある(笑)。

音楽の方向性は多様であり、プロである限り売れることは宿命。売り上げを置いといてなどとはあるはずもない。長渕剛の歌は様々な変遷がある。一貫して彼は変わらないのであると思うのだが、表現の手法は変わったように伺える。LOVEとSONGSも懐かしかったが、過去の作品はそっとしていた方がいいのかもしれない。

ラブソングと括られたラブソングは少し窮屈だ。ラブソングらしいという幻想だった。悲しいかな、桑田圭祐さんには叶わない。ここからが大事なお話(多分ですが・・・。)これ一般論の話でイケない思いだ。イメージのラブソングという世界ね。ラスストーリーのドラマであったり、映画であったり。恋愛とか愛とか本当は必ず幸福を感じる世界ではないのに、何故か良い思い出に変わる。浸れるんだよね。

さて、肝心の蝉 semiなのですが、ヒントはSAMURAIなのかなって思うのです。ニューアルバム『FRIENDS』の一発目SAMURAIをアミュ広場の詩画イベントで聴く事が出来ましたが、これがアルバムの一曲目かと思うとゾクゾクします。するはずなのです。このゾクゾク感こそ、言うなれば僕の剛らしさです。

SAMURAIというアルバムがあります。ここに繋がる何かを感じています。猿一匹,唄えば侍、でんでん虫、ふるさと、Never Give Up。FRIENDSのSAMURAI、蝉 semi、東京。面白いんですよね。そして長渕さんのアルバムと言えば、必ず一曲はライトな感じの歌があるではないですか?彼の癖なんだと思うのですが、タイトルから行くとFRIENDSではBlue Jeans!?かましたれ!?

ちょっと息抜き(というのかなぁ)の歌があるのは、彼のアルバムの充実度のせいなんだと思います。ということで非常に楽しみなアルバムFRIENDSは、お勧めの一枚になることは間違いありません!

蝉 semi 長渕剛 歌詞情報 - goo 音楽


CD FRIENDS(初回限定盤)(DVD付)
CD SAMURAI



眼鏡 長渕剛情報は、FC2 Blog Ranking人気blogランキング


音楽 HMVで長渕剛の視聴 長渕剛 商品一覧
眼鏡 長渕剛最新サングラス情報!
本 長渕剛スコアブックは楽譜ネット

タグ:
posted by 葉桜美和 at 09:06 | TrackBack(0) | 長渕剛コラムブログパーツ
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124585271
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
アコースティックウェーブミュージックシステムII - サウンドリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。