<% content.title %>

Loading...

2007年03月11日

長渕剛ラブソング!NO.2

長渕剛ニューアルバムのレコーディングもいよいよ佳境でしょうか?楽しみはアルバム発売もなのですが、アルバムプロモーションもその一つ。出来上がったばかりのニューアルバム、どのような歌、そして想いを語ってくれるのでしょう。

長渕剛ラブソング!2回目です。

今でも多くのアスリートが、真っ先に好きだというHold Your Last Chance。人生の応援歌的なといえば、それだけにとどまらない、人の弱さ、誰かに助けられることへの素直な感謝、何よりLast Chanceは誰にでもある。つらい時こそ誰かに助けられる事への戸惑いは不要って感じるんですよね。

生きるものへのラブソング!

ラブソングの進化系が、今度のニューアルバムとなるのでしょうか?ラブソングといえば男と女。なんて想像するのは、進化した長渕剛ラブソングに言わせれば、一つの窓口でしかないのかも知れませんね。

アルバム「時代は僕らに雨を降らしてる」収録のローディ。舞台裏で活躍するローディにスポットをあて夢を唄う。これも感謝の愛です。発売された1982年当時から、長渕剛のラブソングは男と女だけではありません。様々なラブソングの主人公達がいます。

「HEAVY GAUGE」

D'ont Cry My Love。つんくのカヴァーで話題になった名曲ラブソング。先日、この歌を唄いながら涙する女性を、天文館の親父の店で見かけました。カラオケで自ら歌い涙するって、ちょっと驚きだったのですが、男と女の会話で進行するこの歌。思い出を重ねるにはリアルな想いが蘇るラブソングだったということでしょうか?

僕だけのメリークリスマスや僕のギターにはいつもヘビー・ゲイジなど、スタンダードなナンバーが多く収録されているこのアルバムには、自らに対する愛なんてものも、テーマとしてあるのではないでしょうか?自らに誇りや愛を感じなければ、他人を愛せない。周りが見えない。そしてもう一つ、長渕剛自身が孤独やジレンマと戦い始めるのも、このころからかも知れません。

TVドラマへの出演で話題をさらい、志保美悦子さんとの出会いがあったころ。仕事やプレイベーとでも彼を支える悦子さんとの出会いは、まさに必然!文音さんのデビューも運命的なのかもしれませんが、アルバム「昭和」までに数々の名曲、ラブソングが生まれます。

「HUNHRY」「STAYDREAM」「LICENSE」「NEVER CHANGE」「昭和」とリリースされた時代は、世の中バブルと持てはやされ、浮かれていた時代。これらのアルバムはどちらかといえばマイナー調で、時代にそぐわなかったのかもしれません。逆に言えば普遍的で時代に流されない、強い彼の歌への姿勢も感じることが出来ます。

何かにつけ変化というキーワードが、この時代にはありました。歌い方もそう、今になって思う彼のプライベートな事。ある種のイメージが定着したのもこの頃。時代に逆らうことは、決して肯定的な意見ばかりではありません。先進的とか時代を先取りということではない、自らの歌への誇りを感じ始めたと言えるのではと思います。

伝えたいことはなんですか?

ミュージシャンとして時代を築く、まさに分岐点だったのだと思います。これらのアルバムについては、またの機会に。










眼鏡 長渕剛情報は、FC2 Blog Ranking人気blogランキング


音楽 HMVで長渕剛の視聴 長渕剛 商品一覧
眼鏡 長渕剛最新サングラス情報!
本 長渕剛スコアブックは楽譜ネット

タグ:長渕剛
posted by 葉桜美和 at 09:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 長渕剛コラムブログパーツ
この記事へのコメント
前にjyouousama.2554f@hotmail.co.jpでメールを
送ったのですが・・・覚えてますか?
お引っ越しするて知ってたけど・・・・
まだ 大丈夫なんて思ってたら キャーもうお引っ越ししてるてなって 行方不明になってあせりましたが 無事今日訪問できてうれしいです^^
 ところで 早くCDでるといいですよね〜
すごく楽しみにしてるんで・・新しいい情報が入ったら教えて下さえね^^
又メールします
Posted by ユー at 2007年03月12日 20:20
ユーさん。返事が遅くなり申し訳ありません。

覚えてますよ〜。メールが転送されずに気づきませんでした。申し訳ないm(-_-)m スマヌ

ついにでますね。ニューアルバム。今からどきどきわくわくですよ。
Posted by 葉桜 at 2007年03月25日 22:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35692155
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
アコースティックウェーブミュージックシステムII - サウンドリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。