<% content.title %>

Loading...

2007年09月09日

MBCラジオでN-1グランプリ

9月22日、長渕剛アリーナツアー鹿児島最終日に、MBCラジオでN-1グランプリ開幕。長渕剛さんなりきり大会です。アリーナツアーの前に、MBCラジオで盛り上がるのも楽しいかも。

あの真っ赤な桜島の詩画も見学できますよね。DJ EIJIさんも登場。全国から駆けつけるファンの皆さん。思い出に出演なんていかが。

家 http://www.mbc.co.jp/

posted by 葉桜美和 at 00:36 | TrackBack(0) | MBCラジオブログパーツ

2004年12月28日

MBCラジオ OK!長渕剛 NO2

MBCラジオ OK!長渕剛 文字お越し NO2

  ※文字では表情を伝えにくいので、少し絵文字を使っています。


長渕:終わって3・40分メディカルチェック受けても異常なしって言われて。異常ないって言われてさ。(〃^∇^)o_彡☆あははははっ。先生そんな話逆に無いだろうって言ったのよ。俺は倒れなきゃ駄目なんだって!( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

植田: (`ー´) クククッ

長渕:倒れたいんだけどって。歌いながら血痰を吐いてね、それでも生きて生きてって歌うぞーって。
たらメディカル班が飛んできて、俺を阻止する。

 (|||ノ`□´)ノ黙れ!!俺はまだ歌うんだ〜

 わーって血まみれになってるわけ。口から。そしたらお客さんも、

 Σ(´□`;) ヤメテー!!〜つよし〜!って

 そういうの想像してたわけ。ところがサ、平気、ピンピンしてるじゃん。何これいったいと思って。

植田:見てたんですよ。

長渕:えー、異常なしだよって言われて。大丈夫だって言われて、えーそうですかって。そいでね、そいでも針打ってもらったり、針治療したり点滴も打ったし、まぁあのーいろんな人たちのね、あのーお世話になりながらね、なんとかステージ立てて終わって、みんなを見送ったら僕はそのまま、あのーがけっぷちに、丁度ステージの裏側の崖のほうにステージを作ってあったもんですから、プレハブの楽屋を作ってあったもんですから、そっから海を見たらね、うふ♪(* ̄ー ̄)v、飛び込みたくなってね。ダイブしたのよ。ドボーンと飛び込んだのよ。

植田:\(・o・)/ワア!

長渕:そんで歌のとおり錦江湾に抱かれてね、バーとボーと海の上で大の字になってね、

    剛何処行ったんだ?今飛び込んだぞ、あーあそこ浮いてる、浮いてるって。

   で本当に錦江湾に抱かれてプカプカ浮いてて、これだって思って。幸せでしたね。

植田:凄い、構想どおりでしたね。

長渕:いや、構想・・・いいほうのですね。本当は先ほど話したような絵を考えてて、

植田:Bパターンだったんだ。

長渕:いや、それはAパターン。

植田:それがAパターン。

長渕:救急車も来て欲しかったんです。エッ、サイレンの音も聴きたかったです。そいで今集中治療室に入ってるとかね、そこくらいまで思ってた訳ですよ。ところが海に飛び込んで泳いでましたから。魚になってましたから。

植田:怖い人だ。後ワンステージくらいやろうと思わなかった?

長渕:いえいえ出来ました。出来たけどみんなもう朝一便で帰んなきゃいけないって言うから、

   おい!後二時間ぐらいできねぇのか〜

   ってテンション上がってるから言ったんですよ。一応。無理ですよ。もう無理ですって言うんですよ。もうお客さんも帰んなきゃいけないし。そうか。わかったって言って。

BGM〜桜島

植田:今回これ大掛かりなアルバムCDになりましたね。

長渕:ハイ、大変でしたよ〜。え、だから大変だってみんな言うからだったら全部出せばいいじゃないかと僕は言ったの。うん、変にその、なんていうの?編集したり、何曲、曲はどれとどれ入れる?なんてことをね言うんじゃなくて、これは生涯自分が一回しか出来ないね、命を賭けたお祭り、そしてそこに来た人たち。に対してねやっぱり全ての行われたことをね、全部それを再現すべきだよって話になってね。そいでまぁ、4枚ぐみでしたかね。えー42全 ウヘヘヘェ♪経全曲入ったやつが。ウヘヘヘェ♪

植田:でも写真もそうですけどね、だから行った人は私はこの位置、この位置とか言いながらね、ジャケットを見ながら曲聴きながら、あのー剛さんの話すのを聴きながらまーたですね、三ヶ月前に戻ってしまうという。今年一杯は充分楽しめます。

長渕:(〃^∇^)o_彡☆あははははっ今年紅白見なくていいんじゃないの。ねー。今年紅白見ないでこのー曲を聴きながらね、酒呑んでみんなでギター弾いて、またそれなりにお祭りをするという。僕もそういった形でやろうかなと、正月まで。へへへ。

植田:DVDは多少は編集して?

長渕:DVDはね、あのー新鋭の監督北村隆平がね、あのー全部これも撮ったんですよ。リハーサルから何から全部撮ったんですよ。本番のリハーサルから。だから、そこに人間長渕剛がどういう風にして桜島まであのー、コンサートをね、あのー成立させたのかということもひっくるめて、あとみんなの表情。きてくれた人たちのねあのー表情も全てヒューマニズムに乗っ取ったね、演出が加えられて殆ど歌はカットしてないですよ。殆ど歌はカットしてない。6時間くらいのDVDになってますから、だから大体夜の9時くらいからDVDを見始めると、丁度(〃^∇^)o_彡☆あははははっ

植田:もう一回オールナイトすればいいのね?

長渕:もう一回、オールナイトなんですよ。あはは。そうそうお正月、年末年始。馬鹿などっかのかくし芸大会とか見なくてもさ、いいじゃない。ウヘヘヘェ♪

植田:しかたがない・・・

長渕:ウヘヘヘェ♪

植田:何倍も何倍もあの時のシーンを楽しめるし、まぁ行けなかった方も沢山いらっしゃるので、そういった意味ではこれだけ臨場感溢れる、音と映像がありますから、また充分行った気分になれますね。

長渕:そうですね。あのー、楽屋裏も全部撮ってありますから。リハーサルとか。見れなかった、来た人たちも見れなかった映像に入ってますから。これは初公開です。

植田:北村さんという方もね、長渕さんと同じように結構こう破天荒な感じですよね。

長渕:あれはね、体全部が日本刀って感じの男ですから。全身に本当って感じ。

植田:最初、お会いになったときにはパチパチと来るものがありました?

長渕:ありましたね。キーンと音がしました。握手した時キーンと、えぇ。よしこれだと思って。ほんで気付いたらもう、一緒に仕事してました。

植田:イメージ的にはね、あのー長渕剛、あのーVS北村隆平というよりも長渕=北村って感じがする。

長渕:(〃^∇^)o_彡☆あははははっあれだもん。弟分だから。うん、だから愛べき弟って感じだから。奴まぁ、才能あるしね。で日本に留まらず世界に進出していく男だと僕思ってるんでね。まぁ応援したいじゃないですか。デ、彼の10代僕の歌ですごしたなんて言ってたから。好きだったらしくてね。

明日へ向かって流れる

長渕:まぁ早く新しいアルバムをね、作りたいなぁって思ってね。旅もしたいし、いい音楽をまず作りたい。みんなの下に届けたい。それから来てくれたみんなの街にも行ってみたい。とかね、そんな思いが沸々と涌いてますよね。うん。

植田:いろんなことを全てやってきたような気がするけども、まだですね。

長渕:こっからです。こっから。

植田:怖いですね〜

長渕:(〃^∇^)o_彡☆あははははっ、こっから始まんのよ。甘いね〜。ヾ(≧▽≦)ノ イヒヒヒー♪

植田:鍛えてますからね。皆さんもまだ。

長渕:こっから始まるんだから、ついてきてもらわないと困るよね。うん。

植田:ますます顔がシャープになってきた気がするんですけど。

長渕:そうですか?最近また、トレーニング行ってますからね。第二段階です。今度は。桜島までのトレーニングは終わりましたから、今度は次のステップに進んでいます。コウモリトレーニングとか、いろんなトレーニングをまたね、うちのトレーナーの会長さん考えるんですよ。おろしてくれないですよ。ロープで縛られたまま足を。

植田:そういうのやりたくないなぁって思うけど、実際休んでしまうと駄目なんでしょ?休んじゃうと、やっぱりやらないといけないなぁって気持ちになるんじゃないですか?

長渕:そうですね。病気ですよね。∬´ー`∬ウフ♪ ある意味じゃ病気。運動病てやつですかね。

植田:今健康なんですかね?

長渕:もうばっちりですね。だけど、やらないと体の節々が痛〜ぃとか、飛行機に一時間ぐらい耐えられないくらいの痛みがくるんですよ。

植田:座ってると駄目でしょう?

長渕:駄目です。リハビリなんですかね。ヾ(≧▽≦)ノ イヒヒヒー♪

植田:本当にもうあの人だから元気だと、ファンの方も思っていると思うんですけども。

長渕:ねぇ、そういう言い方はないんじゃない (T▽T)アハハ! ねぇねぇねぇ。そういう言い方ないんじゃない。なんか馬鹿みたいじゃない。

植田:そんなことない。そんなことない。

長渕: (〃^∇^)o_彡☆あははははっ

植田:だって、だらーと・・・

長渕: o(*≧д≦)o″))俺だって一人悩みね、打ちひしがれね、ふーって抱え込む瞬間ってあるのよ。

植田:人生相談は細木数子ほどじゃないですけど、なんとかのってあげられるかもよ。

長渕:わかりました。じゃその柔肌に飛び込むこともあるかと思いますんで。('∇')ゝエヘヘ

植田:鍛えときます。

長渕:いぇ、鍛えなくていいです。柔らかい肌でいいです。

植田:そのぷよぷよしてて。

長渕:そのぷよぷよがいいですよね。女性はぷよぷよでなくっちゃ。(゜ー゜)(。_。)ウンウン

植田:ありがとうございます。さぁ改めまして、ぇー鹿児島のファンの皆さん、MBCラジオをお聞きの皆さんに、是非長渕さんからのメッセージを伝えてください。

長渕:ぇえ、もうね、あのーぼくはね全国にね、とにかく全国に生きた島。あのー桜島をね伝えられたこと、見せられたことだけがほんとにこれ、あのー生涯かけてのね、あのー一世一代の大博打でしたけども賭けでしたけどもそれが出来たことが本当に嬉しくてね。僕の使命感みたいな所もあったし、それとやっぱり、鹿児島一体となってね、長渕剛を支えてくれた。あのー現場の方からね、それからお役所の方までひっくるめてラジオ局の方もひっくるめて、一つの目標に向かってね、長渕を本当に信じてくれたっていうことに関して、ぼくはこれからね、始まるってのは恩返しをしていきましからね。あのーとにかく期待していてください。本当にありがとうございました。

編集後記〜

  長渕:まぁ早く新しいアルバムをね、作りたいなぁって思ってね。旅もしたいし、いい音楽をまず作りたい。みんなの下に届けたい。それから来てくれたみんなの街にも行ってみたい。とかね、そんな思いが沸々と涌いてますよね。うん。

 来年のことを語ってくれた長渕剛。CDアルバムや全国ツアーを企画してる感じですね。久しぶりのオリジナルCDとなるので、期待大です。

 でも、このMBCラジオ「OK!長渕剛」はこれまで放送された番組と違い、本当にリラックスムードの番組でした。番組を聴いた方は、こんな面白い感じなんだ〜って少なからず思ったはず。さんまちゃん風の引き笑いをたまに見せる長渕剛でした。引き笑いって本当におかしくないと、出ないですもんね。

 やはりあの植田美千代さんは、ただものではない。が感想でした。


人気ブログランキング←応援感謝!! 

 桜島
桜島

posted by 葉桜美和 at 20:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | MBCラジオブログパーツ

2004年12月27日

MBCラジオ。OK!長渕剛 文字起こし開始!

MBCラジオ。クリスマススペシャル。OK!長渕剛から番組文字起こし!

植田美千代さんのナレーション。

 2004年8月21日。7万5千人が集結した長渕剛さんのオールナイトコンサート。あれから4ヶ月が過ぎました。ライブの全曲を収録したアルバム、そして奇才北村隆平監督によるドキュメンタリーライブ4枚組みも発売になりました。改めてあの二日間を感じることが出来ます。

 熱い熱い二日間を桜島の地で過ごした人、その熱気を何らかの形で感じた人、そしてその風を起こした長渕剛さん。伝説に残るほどのイベントを終えられた長渕剛さんに、私上田美千代やっとお話することが出来ました。あのステージまでどんな気持ちだったのか?あのステージの後いったいどうした?そして今これからどうする?たまに見せる茶目っ気たっぷりの表情。全て長渕剛なのです。

植田:ずーと桜島の余韻が不思議なくらいにずーと残ってまして。でも残りながらもあぁあんまりこうやって引きずると、長渕さんはそんなに引きずるなよって言うような気がしたんですが。ご自身的には8月のは引きずってます?

長渕:いや、僕はこれ生涯引きずりますよ。余韻っていうかさ。あのーまだ実感が無いんですよ。そこんところが、僕自身が。でね、こないだ出たライブCDだとかそれを聴いたりね、それからあのー映像のほう。DVDなんかを見たりしてるとね、あーこうだったんだとか、今頃やっと実感がね涌いてきちゃって。味わうって言うか、今からですね。今始まってるって感じですよ。

植田:三ヶ月熟成されて。

長渕:熟成されて (〃^∇^)o_彡☆あははははっ それじゃお酒じゃないよ。

植田:段々いい味に。顔色がでも、あのなんか熟成されて・・・

長渕:なん〜ですか、それは!

植田: (聴き取れない。何言ってるんだろう?BY管理人)

長渕:(〃^∇^)o_彡☆あははははっ 発酵してるわけですか?(`ー´) クククッ。それじゃ臭いじゃないのよ。

植田:いい香りが。フルーティな感じがして。

長渕:(〃^∇^)o_彡☆あははははっ 

植田:でも、やっぱり引きずるだけのねライブだったんですよね。まあこれは私なんかも個人的にもずーと引きずってて、なんか生涯味わったことがなく、これからも無いんじゃないこと思うくらいに、なんだろうこれって?と思うのがあるんですけど。あのーなんだったんでしょうね。

長渕:やっぱりね、あのー人間と人間がね、本当にこう手作りでね、あのー今やデジタル化された世の中で便利なんだけどね、携帯は携帯でぽんと電話すれば遠くの人と話せたり、まぁ、言葉聴けなかったらメールでね。あのー連絡取れたりとかね。非情に距離も近くなったりとか便利になることはいいんだけども、やっぱり温度差その人間の持つ熱って言うものはね、なかなかデジタルななかから伝わりにくいじゃないですか?だから便利と引き換えに僕らがこう、なんとなく蓋をされてしまってるもの、野性性だとか手作りの良さだとかね。本当に人間としてあのー一番大切な基本的なこと。それがあのコンサートには実はあったんですね。

 だから2年間かけてそれこそ熟成したって訳じゃないけども、2年越しにね、2年間かけてあそこ整地を作って、そいでそのためにあのー労働し、汗を流しね、その目的はっていったら、その祭典をみんなで作ろうじゃないかと。いうことが目的であったわけでね。だから僕だけがやったというわけじゃなくて、僕はそれは言い出しっぺではあったけどもね、だけどもそれにみんなが賛同してくれて、同じ目的意識に人間がいい事を願ってね、あのー動いていくとあのー、不可能ということは無いんだなと。その手作りの良さっていうのがね。触れてみて肌触りのあるそういう心地よさっていうのかさ。人間として生まれて良かったなぁって気持ちがほんとやっぱり残ってるんですね。 

 だからこれは来た人たちもみんなね、俺たちが成功させるんだと。いうような気持ちで来てくれたに違いないんですね。だから僕はね、コンサートが終わって朝日が昇ってきて、みんなが帰っていくときに楽屋の窓からズートね、彼らの後ろ姿を見てました。で、ズートこの場所に居たいと思ったし、彼らの心地よい疲労感の背中にはね、重たいリュックを背負っているんだけど、そのリュックの中にはねお金には換えがたいなんか素晴らしいものをね、あのー掴んでね残して我が家に向かってるっていう感じがして、凄いポジィティブな感じがしたんですよ。あのー本当に感謝という気持ちであの後号泣しましたし、その背中を見たら泣けて泣けてしょうがないのね。だからやっぱりこれは人間が織り成したね、あのー力だと思いますね。はい。

植田:なんかね。汗ひとつ、声ひとつがみんな一緒になってるなぁって物凄く感じましたね。

長渕:そうね。そうね。だから狂気の沙汰っていうかね。(〃^∇^)o_彡☆あははははっ 普通じゃあり得ないことですよ。だから僕もこれは本当に命を賭けた甲斐があったなと思ったし、まぁふと思った時にほんとこんなことやっっちゃたんだ。死なずによかったなと思うんだけど、やっぱり死なずに僕をここまで駆り立てたものっていうのは、あの来てくれた7万5千人の連中たちの思い、熱き思いっていうのが成功に全部導いたと、天気さえも変えましたからね。

植田:もうこの神がかり男って思いましたから (⌒▽⌒)アハハ!

長渕:僕が神がかりじゃなくて (T▽T)アハハ! 実はね違うのよ。

植田:なんで?

長渕:あのーコンサート前ね、声出なくなったの。1週間前くらいに鹿児島はいってましてね。リハーサルだのなんだのって。まぁ体整えるためにね。ベストコンディションで入ったつもりが、喘息が出てきちゃって。怖くて。怖いの。

植田:|||||/( ̄ロ ̄;)\||||||| 怖くて〜?

長渕:怖くて。ほんと怖かったの。やっぱこれはね、後1週間後に整地されたあの壮大なステージで俺はやるんだと。ここまでみんな足を運ばせた以上は、確実にいいものをね、あのー作らなきゃいけないってものがね、責任感に押し潰されそうになって。もう毎夜、毎夜夢に魘されるわけ。そいでばっくれようと思ったわけ。正直なとこ言うと。

植田:でも今までの歌手生活のなかで所謂プレッシャーみたいの・・・

長渕:それはそれなりにあったけど、初めてよ。それで心因性のね喘息が出てきちゃって、ほいで急遽今給黎病院にはいった あはは 病院に走っちゃって。病院に入院しちゃったりね。そいで声でなくなったから、これ最低じゃないって神を呪ったの僕。

 神様!なんで僕こんな2年間努力してね、体を鍛えてね、ベストなコンディションで10日前はだったのに。なんで本番迎える3日前に俺こんなになっちゃうわけって。神も仏もねえじゃないってポロポロ泣いてね、そいでも神様にお願いしてね、そいで亡くなった母親の写真とそいから僕の人生の師であったね、仏師の西村公朝三世の写真を桜島に向けて、ほいで2時間お祈しちゃった。ヒヒヒ。 
 2時間お祈りしたのよ。だから僕が神憑ってるんじゃなくて、あの天気さえあの降水確率70%っていわれたたものをね、どーんと晴れにしてね。それから雨も跳ね除け、風も跳ね除けね、しかも太陽を引きずり出したのは、紛れも無く7万5千人の来てくれた思いなんですよ。だから、僕は彼らに本当に感謝してるし、人間の力ってひょっとしたらあのー神様は見てるんだなって思って。

 桜島生きてるしね、やつも歴史を掻い潜ってきてるからやつはにんまりしてね、よしよし分かった。お前らのためにね、そんなに一生懸命やるんだったらちょっとご褒美をあげようじゃないかということで、朝明け方ね桜島神秘的な姿を表してくれたでしょ?太陽も昇ってきたしね。なんかそういうのってあるのかなって。僕はあの一日だけはね、神の存在っていうのを感じたよ。それから、人間の織り成す力って言うのも感じた。

植田:ありますね。あの時に思いました。

長渕:そそそ。思う力って強いんだよ。人間思う力が一番強いんだなって。念ずるっていうかね。

 編集後記〜

 先日放送されました、OK!長渕剛。内容的にダブルと思ったのですが、ちょっとしたニュアンスの違いなど、この長渕Blogを観てくださる方が決めることで、文字起こしにします。

 桜島DVDを観た後で、また感じ方も違ってくるし、いい話は何回聴いてもいいですね。

 しかし、植田アナの話が聴き取りにくいところがあって。長渕剛さんもすごく受けていて大爆笑!何て言ったの?気になります。

人気ブログランキング←応援感謝!! 

 桜島
桜島
・・・本当に初お目見えが大晦日になりそうな管理人 .....(;__)/| ずぅぅぅぅん

posted by 葉桜美和 at 22:03 | Comment(1) | TrackBack(0) | MBCラジオブログパーツ

2004年12月16日

MBCラジオ「Rock#18(ロックナンバーエイティーン)」長渕剛登場!

 昨日放送のRock#18ロックナンバーエイティーン(MBCラジオ)は、同局の25日放送(クリスマススペシャルOK長渕剛)の前触れのようでした。ライブCDを聴きながら、長渕剛さんがライブDVDについて語る。そんな内容でした。

 DVDを観られた方は納得の、まだの方は(まだ出荷連絡なし( ̄□||||!!)早く観たいと期待させるDVDの話です。(先日のTOYOTA SOUND IN MY LIFEと少しダブります)

 桜島の北村龍平監督について話しているところは、彼の意外な面を披露していました。

 このインタビュワーの植田美千代さん、かなり長渕剛さんと仲良し?!のようで、二人のトークは友達のよう。MBCで放送された「情熱」でも、ラジオ番組に出演の様子が放送されましたが、本当お友達です。羨ましいですね。

 それでは、昨日放送のRock#18ロックナンバーエイティーンからトーク部分のみのご紹介です。


植田:さあ、今日はDVDが発売になったということでインタビューしました長渕剛さんのインタビュー一部だけね、今日はこのDVDのお話のところを皆さんにお届けしたいと思います。

久々のパワフルな長渕剛さんです。

植田:今回これ大掛かりなアルバムCDになりましたね。

長渕:ハイ、大変でしたよ〜。え、だから大変だってみんな言うから、だったら全部出せばいいじゃないかと僕は言ったの。うん、変にその、なんていうの?編集したり、何曲、曲はどれとどれ入れる?なんてことをね言うんじゃなくて、これは生涯自分が一回しか出来ないね、命を賭けたお祭り、そしてそこに来た人たち。に対してねやっぱり全ての行われたことをね、全部それを再現すべきだよって話になってね。そいでまぁ、4枚ぐみでしたかね。えー42全( ̄∇ ̄;)ハッハッハ、全曲入ったやつが。(〃'∇'〃)ゝエヘヘ。

植田:でも写真もそうですけどね、だから行った人は私はこの位置、この位置とか言いながらね、ジャケットを見ながら曲聴きながら、あのー剛さんの話すのを聴きながらまーたですね、三ヶ月前に戻ってしまうという。今年一杯は充分楽しめます。

長渕: (⌒▽⌒)アハハ!。今年紅白見なくていいんじゃないの。ねー。今年紅白見ないでこのー曲を聴きながらね、酒呑んでみんなでギター弾いて、またそれなりにお祭りをするという。僕もそういった形でやろうかなと、正月まで。( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

植田:DVDは多少は編集して?

長渕:DVDはね、あのー新鋭の監督北村隆平がね、あのー全部これも撮ったんですよ。リハーサルから何から全部撮ったんですよ。本番のリハーサルから。だから、そこに人間長渕剛がどういう風にして桜島まであのー、コンサートをね、あのー成立させたのかということもひっくるめて、あとみんなの表情。来てくれた人たちのねあのー表情も全てヒューマニズムに乗っ取ったね、演出が加えられて殆ど歌はカットしてないですよ。殆ど歌はカットしてない。6時間くらいのDVDになってますから、だから大体夜の9時くらいからDVDを見始めると、丁度(⌒▽⌒)アハハ!

植田:もう一回オールナイトすればいいのね?

長渕:もう一回、オールナイトなんですよ。あはは。そうそうお正月、年末年始。馬鹿などっかのかくし芸大会とか見なくてもさ、いいじゃない。(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

植田:しかたがない・・・

長渕:('∇')ゝエヘヘ

植田:何倍も何倍もあの時のシーンを楽しめるし、まぁ行けなかった方も沢山いらっしゃるので、そういった意味ではこれだけ臨場感溢れる、音と映像がありますから、また充分行った気分になれますね。

長渕:そうですね。あのー、楽屋裏も全部撮ってありますから。リハーサルとか。見れなかった、来た人たちも見れなかった映像に入ってますから。これは初公開です。

植田:北村さんという方もね、長渕さんと同じように結構こう破天荒な感じですよね。

長渕:あれはね、体全部が日本刀って感じの男ですから。全身に本当って感じ。

植田:最初、お会いになったときにはパチパチと来るものがありました?

長渕:ありましたね。キーンと音がしました。握手した時キーンと、えぇ。よしこれだと思って。ほんで気付いたらもう、一緒に仕事してました。

植田:イメージ的にはね、あのー長渕剛、あのーVS北村隆平というよりも長渕=北村って感じがする。

長渕:あははは。あれだもん。弟分だから。うん、だから愛べき弟って感じだから。奴まぁ、才能あるしね。で日本に留まらず世界に進出していく男だと僕思ってるんでね。まぁ応援したいじゃないですか。デ、彼の10代僕の歌ですごしたなんて言ってたから。好きだったらしくてね。またゴジラをやってる時でも、黙ってスタッフに休んで後は任したからって言ってね、俺のコンサートに来てるんだから。2年前もそうだよ。横浜の横浜スタヂアムの時ね、あずみの時に、今日監督いない。ってスタッフが言ったら、黙ってコンサート見に来てた。

植田:なんか知りたい感じの一人ですよね。

長渕:あいつの、いつかあいつのドキュメント撮ってやろうかと思って。(〃^∇^)o_彡☆あははははっ

植田:ねぇ、面白いかも知れないですけども。CMが初めてだって意外な感じがするんですけどね。

長渕:本格的なだから企業とね、きちんと話し合ってね作ったのは初めてですね。面白かったですね。走るだけですけどね。

植田:写ってる何十倍って走ってるわけですよね?

長渕:あれね。ほんときつかったのよ。

植田:12月25日、ラジオ屋 Ok長渕剛タイトルでクリスマススペシャル用に、本当にリラックスした長渕剛さんのメッセージが聴かれますので。


人気ブログランキング←応援感謝!! 

 桜島
桜島
いつくるんだぁ〜!!

posted by 葉桜美和 at 22:49 | Comment(1) | TrackBack(0) | MBCラジオブログパーツ
アコースティックウェーブミュージックシステムII - サウンドリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。